便秘が原因でニキビが出来る!?

昔から便秘はニキビにの大敵だと言われていますね。これは嘘ではなく、慢性化した便秘はニキビの原因となっているのです。ここではニキビの原因と便秘の関連性について一つ一つ見て行きましょう。

なぜ、便秘がニキビの原因になるというかというと、それは体内にある老廃物が便秘によって排出されなくなってしまうからです。本当なら、体内に溜まった老廃物は便として排泄されるはずが、便秘によってそれが邪魔されてしまい、仕方なく皮膚から排出されてしまうことになります。皮膚から毒素が排出されるとなると、本来の毒度の排出方法ではないため、当然肌にダメージが加わります。すると、そのことによって肌が弱り、ニキビが出来てしまうのです。

また、腸内環境はニキビと直結してもいます。腸内にある善玉菌はビタミンを生み出します。ビタミンは美肌にとって必要不可欠ですよね。ですが、便秘により腸内環境が悪化すると、その善玉菌が減ってしまうので、結果的にビタミン不足になり、肌のターンオーバーが乱れてしまい。結果的にニキビが出来てしまうのです。
ですから、ニキビが全然治らないという場合は、便秘を疑ってみることが大切になってきます。

また、老化の原因になることで有名な活性酸素がニキビの原因となることも近年では注目されています。腸内に悪玉菌が増えると、活性酸素も増えるので、これはもうニキビ解消のためには便秘解消によるデトックスが必要不可欠なんでしょうね。